憧れの機材を駆使する毎日。

メディアート事業部  <2008年入社  芸術学部映像学科卒>内田 大輝  Daiki Uchida

現在の仕事内容は?

結婚式に関わる映像(ムービー)の作成
披露宴会場で上映するムービーの作成だけでなく、結婚式当日の様子を記録ビデオとして撮影・編集する作業を行っています。

仕事のやりがいを感じるのはどんな時?

自分が撮影や編集に携わった映像を見て、新郎新婦様が笑ったり、泣いたりしてくれた時です。自分宛にお礼のお手紙をいただいたこともあり、その時はうれしくてたまりませんでした。

ファンテックスに入社して良かったことは?

高級機材に触れられること!
私は大学で映像を専攻していましたが、一人一人に機材があるわけではなく、予約制のため存分に機材に触れることができませんでした。ここでは、最近流行の一眼レフカメラや報道などで使われている大型カメラ、編集ソフトではEDIUS、アフターエフェクツ、フォトショップ、イラストレーターなどが毎日使えます。大学で4年間学んだことより、ファンテックスに就職した1年の方が濃厚で撮影・編集ともに技術が身に付きました。映像好きにはたまらない環境ですよ。

「ファンテックスらしさ」とは?

個性を活かしてくれる!
私は芸大出身で、実はイラストが得意。冊子を作る際に実際にイラストを描き使っていただきました。例えば、声が良い人であればナレーションの仕事をさせてもらえたり、企画力がある人だと商品開発をしたり、音楽が作れる人であれば、作曲などをさせてもらえる可能性があります。

これからの夢は?

今の夢は全国1番です!
毎年、忘年会で映像コンテストがあり、25箇所ある事業所のトップに立ちたいです! 一昨年2位になりましたが、まだ1位を取ったことがありません。これは夢というより、今年の目標ですね。

あなたのリフレッシュ方法は?

休日はのんびりゲームを楽しみたいですね。

就活生にメッセージを!

自分のやりたいこと、自分の力で社会に貢献できることをしっかり見つめ直して、理想の会社に就職できるといいですね。私もまだまだ模索する毎日ですが…。そんな中でファンテックスを選んでいただき、一緒に働けるようになればうれしいです。ファンテックスには本当に個性豊かな面々が揃っています。そこにみなさんの個性が加わることで、ファンテックスはよりパワーアップします。そんなことを考えるとワクワクします。応援しています!

Copyright © Fantechs Corporation All Rights Reserved.
TOP ▲